多重債務 解決
新世紀エヴァンゲリオンNAVI
『新世紀エヴァンゲリオン』の登場人物に関するデータ。声優やキャラクター解説などで登場人物の魅力にせまる。
特務機関NERV(ネルフ)
碇ゲンドウ
いかりげんどう

声優
立木文彦

キャラクター解説
48歳。血液型A型。生年月日は1967年4月29日。NERV司令官。碇ユイの夫で、シンジの実父。旧姓は六分儀。1999年時は京都で生活しており、職業や生活面といった素性は不明だが、冬月が面識を持つ以前から名前を知っていたので、大学か研究職の関係者である可能性がある。当時は酒と喧嘩の日々だった様子。この頃から、赤木ナオコやユイと知り合う。冬月曰く「嫌な男」であり、ユイ曰く「とても可愛い人」。2000年に碇ユイと結婚し碇姓となる。シンジが生まれ、命名はゲンドウ自らがおこなった(男の子ならシンジ、女の子ならレイと前もって決めていた模様)。シンジが胎児だった時、セカンドインパクト後に生まれるシンジの未来を案じていた。ゲンドウは、ユイの背後にあるゼーレに近づく手段としてユイに近づいたと噂されていたが、結婚生活は彼にユイへの愛を芽生えさせた。これがきっかけとなり、彼の後の行動が「(死んだ)ユイにもう一度逢う」を最終目標とすることとなった。セカンドインパクト発生直前まで葛城調査隊と共に南極にいた。2年後の国連調査団派遣の折にも、冬月と共に参加している。ユイの死亡後、人類補完計画をゼーレに提案し推進者となる。ユイ消失後は、赤木ナオコを愛人とし、彼女の死後はその娘リツコを愛人とし、共に自らの計画に協力させた。シンジを呼び寄せた後も同居はせず、ほとんど接触しようとしなかった。シンジが犠牲となる可能性が高い作戦についても承認している。しかし、対バルディエル戦でシンジが攻撃命令を拒絶した際「お前が死ぬぞ」と珍しく親心を示した。アスカとは一切直接の会話をしておらず、EVAを動かすための部品としか扱っていなかったようである(漫画版では一度だけアスカと会話したシーンがある)。一方で、レイの起動実験失敗の際は、自身の負傷を省みず彼女を助けたこともある。目的のためには手段を選ばない任務至上主義且つ冷徹な性格に見え、実際に陰謀や裏切りなど非情とも言える手段を厭わずに実行しているが、行動の根底には、失ったユイに拘る彼自身の弱さがあり、そしてシンジを疎んで遠ざけているような言動も不器用な愛情表現の裏返しであった。その報いとして、凄惨な運命をたどる事になる。尚、彼の「乗るなら早くしろ、でなければ帰れ」の台詞は多くのエヴァファンがネタにしている。ちなみに、一人称は基本的に「私」を使うがユイ消失前は「俺」を使用していた(若いときはメガネを掛けていなかった)。旧姓は六分儀から由来。また、名前はガイナックスで企画されながら実現しなかったアニメの登場人物から。ちなみに、「碇シンジ育成計画」では、恐妻家でユイには頭が上がらず、家では常に新聞を読んでいてユイの問いかけにも「ああ・・」としか発言せず、原作とは対照的な性格で冷徹さが無く、コミカルな解説を担当し、寡黙な性格でシンジの良き父である。
出典:Wikipedia

碇シンジ
綾波レイ
惣流・アスカ・ラングレー
葛城ミサト
赤木リツコ
冬月コウゾウ
伊吹マヤ
日向マコト
青葉シゲル
加持リョウジ

漫画アニメNAVI
YAWARA! ナニワ金融道 モンキーターン AKIRA め組の大吾 ヒカルの碁 Dr.コトー診療所 魁!!クロマティ高校 アップルシード YAIBA 金田一少年の事件簿 うる星やつら 修羅の門 電影少女 新世紀エヴァンゲリオン GTO 花より男子 MONSTER バガボンド 超獣機神ダンクーガ

新世紀エヴァンゲリオンNAVI
投機・投資 自己破産・債務整理 携帯deゲーム!! 恋占い 新市観光協会