多重債務 解決
新世紀エヴァンゲリオンNAVI
『新世紀エヴァンゲリオン』の登場人物に関するデータ。声優やキャラクター解説などで登場人物の魅力にせまる。
特務機関NERV(ネルフ)
加持リョウジ
かじりょうじ

声優
山寺宏一

キャラクター解説
30歳。血液型A型。生年月日は1985年6月17日。NERV特殊監査部所属のスパイ。葛城ミサトと赤木リツコとは大学時代からの友人であり、またミサトとは恋人関係だった。一度は関係を断つものの、同じNERVにおける同僚となったことで再び親密な関係となる。アスカのお目付け役であり、日本に来る前から付き合いがあるようである。何度かアタックされているものの、子供だからといって相手にしていない。普段の生活では、NERV施設(ジオフロント)内でスイカを育てている。一見飄々としていて陽気なプレイボーイであり、暇さえあればNERVの女性に見境なく声をかけている。Nerv特殊監査部所属の一介の職員であるが、実はゼーレ・NERV・日本政府内務省の三重スパイとして活動しているという裏の顔を持つ。セカンドインパクトの真実を知りたいと強く願っており、三重スパイとしての活動もそれ故である。その理由はTV版では語られなかったが、漫画版ではその経緯が語られている。第拾壱話のネルフ本部停電事件の主犯だと思われるが、その一方で胎児状に復元されたアダムを碇ゲンドウに横流ししする等、単なるスパイとしての情報収集だけでなく、実行部隊としての活動も請け負っていたようである。そしてゲンドウは彼がスパイであるということを知りながらも、それを咎めたりせずむしろいいように泳がせて利用していた。第弐拾壱話において副司令である冬月コウゾウを誘拐・拘束する行為に及んだが、それがもとで銃撃され命を落とした。この時誰が加持を撃ったかは、エヴァにおける謎の一つとされる。彼の調べ上げた「真実」は恋人のミサトに託され、以後の彼女の行動に大きな示唆を与えた。漫画版においてはミサトと加持の過去についてや、恋人になったいきさつが詳しく語られている。また、アニメ版よりも重要な役割を演じており、特に碇シンジに対しては大きな助言・指導を行い、後の彼の行動に多大な影響を及ぼす。ダミーシステムにより鈴原トウジが死亡したマンガ版では、ダミーシステムを発動したゲンドウがトウジを殺したとして逃げるシンジを加持が叱咤激励し、彼が再びエヴァに乗る決心をするきっかけを作る。しかし、惣流・アスカ・ラングレーに対しては憧れの対象とされながらもあまり良い影響を与える事はなく、彼の対応がアスカの感情を空回りさせる一端を担ってしまい、間接的にアスカの精神汚染の被害を助長する結果となってしまう。名前の由来は、船のパーツである舵と成田美名子の漫画『あいつ』の登場人物、沢田涼司から。村上龍の小説『愛と幻想のファシズム』の登場人物、山岸良治からとする説明も多く見られるが、庵野秀明にその意図はなく、ミサトとの対になっている。ただし、中国版での漢字表記は「良治」である。尚、一人称は基本的に「俺」を使用する。
出典:Wikipedia

碇ゲンドウ
冬月コウゾウ
伊吹マヤ
日向マコト
青葉シゲル
キール・ローレンツ
渚カヲル
鈴原トウジ
相田ケンスケ
洞木ヒカリ

漫画アニメNAVI
YAWARA! ナニワ金融道 モンキーターン AKIRA め組の大吾 ヒカルの碁 Dr.コトー診療所 魁!!クロマティ高校 アップルシード YAIBA 金田一少年の事件簿 うる星やつら 修羅の門 電影少女 新世紀エヴァンゲリオン GTO 花より男子 MONSTER バガボンド 超獣機神ダンクーガ

新世紀エヴァンゲリオンNAVI
投機・投資 自己破産・債務整理 携帯deゲーム!! 恋占い 新市観光協会