多重債務 解決
新世紀エヴァンゲリオンNAVI
『新世紀エヴァンゲリオン』の登場人物に関するデータ。声優やキャラクター解説などで登場人物の魅力にせまる。
第壱中学校の生徒たち
相田ケンスケ
あいだけんすけ

声優
岩永哲哉

キャラクター解説
14歳。血液型A型。生年月日は2001年9月12日。シンジのクラスメートであり親友。軍事オタクでカメラマニア。常にビデオカメラを肌身離さず持ち歩いている。箱根山中に1人でテントをはって泊りがけで軍事教練ごっこをしたり、休み時間の教室内で戦闘機の模型を手に飛ばす真似をして遊んだり、アスカやクラスの女子を無断で撮影して写真を他の生徒に売り捌くなど、一般的なオタク・マニアの域を超えた奇行にふける変わり者。一方で14歳とは思えぬ老成した一面や、鋭い人間観察眼を持つ。戦闘への憧れからEVAのパイロットになることを強く望んでおり、フォースチルドレン選出の際にはミサトに直談判をしたが叶わず、チルドレンであることを好んでいないシンジからは白眼視されている。ただし、自分もエヴァ搭乗者候補の1人であった事は最後まで知らなかった模様。NERV職員である父親の持つ情報を興味本位に盗み見しており、アメリカ第2支部消失はシンジよりも早く知っていた。漫画版では(形式上は)シンジがトウジを殺したことを知り、シンジの携帯電話の留守電に「絶交する」とのメッセージを残し、疎開してゆくシーンが追加されている。アニメとマンガ共通で、トウジ同様にミサトに異常なほど惚れている。また、アニメではアスカにビデオカメラのレンズとメガネをを破壊された。ちなみに一人称は「僕」もしくは「俺」を使う。また、トウジと同様、アスカと仲が悪く毛嫌いされている。ケンスケ本人も「自意識過剰のヤツ」とアスカを敬遠している。漫画版のケンスケはアスカに惚れていた模様。名前の由来は、村上龍の小説『愛と幻想のファシズム』の登場人物、相田剣介から。
出典:Wikipedia

青葉シゲル
加持リョウジ
キール・ローレンツ
渚カヲル
鈴原トウジ
洞木ヒカリ
ペンペン
赤木ナオコ
碇ユイ
惣流・キョウコ・ツェッペリン

漫画アニメNAVI
YAWARA! ナニワ金融道 モンキーターン AKIRA め組の大吾 ヒカルの碁 Dr.コトー診療所 魁!!クロマティ高校 アップルシード YAIBA 金田一少年の事件簿 うる星やつら 修羅の門 電影少女 新世紀エヴァンゲリオン GTO 花より男子 MONSTER バガボンド 超獣機神ダンクーガ

新世紀エヴァンゲリオンNAVI
投機・投資 自己破産・債務整理 携帯deゲーム!! 恋占い 新市観光協会